ツキアカリテラス

tsuki-akr terrace

懐きのいい生徒の向こう側へ

ある程度授業回数をこなすと、生徒の懐き具合に差が出始める。毎日のように質問してくるような生徒もいれば、いままでも、そしてこれからも、口を聞くことはほとんどないような生徒もいる。

 

我々は承認欲求をもった生き物だから、懐かれるとどうしても可愛がってしまうところはあるし、こういう仕事を選ぶのは世話焼きな性格の人間が多いと思う。だから、毎回のように質問をされると、ああ、この子は頑張っているなあという情が出てくるし、そういう生徒の質問は、問いの質もなかなかに高いことが多いから、教える人間自身も勉強になる。それゆえ、その生徒をますます可愛がってしまう。ましてや、初めはくだらない質問ばっかりだったのが、質問を重ねて鋭い質問をするまでに成長を見せたのであれば、寵愛するレベルではないだろうか。

 

しかし、その生徒の向こう側にはどんな生徒がいるだろうか。もしかしたら質問をしたくても恥ずかしくて質問できない、そうでなくても、いつも同じ生徒にとられていて質問する気を失ってしまう、といった生徒が少なからずいるかもしれない。それこそ、成績が不振すぎて、即対応が必要な生徒がいるかもしれない。もちろん、今質問している生徒をないがしろにしろ、というのではない。クラスの生徒は等しく愛さなければならないと思っている。懐きのいい生徒の向こう側にいる生徒のことは気にしておかないといけないし(特に困っているのなら)、そちらへの目配せを怠ってはいけない。それでも、他の生徒の質問に時間を取られてしまうのであれば、時間を改めて、電話をかけるのでも良いではないか。そういう時間を工面しないのは、さすがに職務の怠慢であると思う。

 

また、質問の多い生徒自身も、長い目で見れば不安材料を抱えていると思う。わからないことがあったら質問をする、このスタンスは問題ない。むしろこういうスタンスでいる生徒は思っているほど多くないので、歓迎すべきだと思う。しかし、何かわからないことがあったら、条件反射的に「せんせせんせーー!」というのは良くないと思う。自分の中で落とし込むことをしていない、つまり思考停止に陥っているからだ。そういう生徒になってはいないだろうか、あるいは、教える人自身が、生徒をそういうふうに教育してはいないだろうか。

 

質問受けはGoogle検索の類ではない。最終的に、それを知ること、あるいは思考過程を自力でするよう、質問受けを通して促さないといけない。そこは叱るとまではいかなくとも(そもそも叱る理由はない)、「ちょっと自分で考えてみなよ」と言ってあげた方がいいと思う。

 

反応のいい生徒はどうしても目立ってしまう。そして我々教える人間は、それに心を奪われがちである。でも、本当は反応の良し悪しに関係なく、すべての生徒に心を奪われなければならない。

作問でワクワクする

問題を作っているときはいろんなことを考える。以前ストーリー性を重視するようなことを書いた気がするが、それと同等に大事なものがあることに、作問をしていて気づいた次第である。

 

例えば、問題集で人気があるものはなんだろう。良問が多い、解説が丁寧、など色々あるかもしれない。特に良問というのは、入試問題を解く上で学習効果が高いと言う意味合いで使われることが多い気がするが、一方で、解いていて楽しい、というのもあると思う。好奇心を刺激されるというか。

 

また、授業者においても一般的に大事なこととして言われることが「楽しそうに授業をする」である。自分自身が楽しくならないと生徒に伝わらない、生徒が勉強する気にならない、ということだ。これは確かに真理をついていると思われる。教師の考えは多かれ少なかれ生徒に伝染する。教師が効率重視の授業をしていれば生徒自身も効率化を重視するだろうし、教師が深い理論を提示する授業をしていれば生徒も探究心が育まれるものだと思う。

 

そして、作問に関してもやはり同じなのである。〜して楽しい、というのはかなり私の中で重要な要素であることに気づいたのである(いまさら)。作っていて楽しい、解説をしていて楽しい、そしてそれが生徒に伝わると生徒も楽しい、ついでに復習の段階で解きなおしてまた楽しめる、といった具合だ。

 

そういうわけで、かなり楽しそうな問題ができた。しかも今日はかなりの豊作である。半分にやけながらキーボードを叩いていたに違いない(笑)

数学を学びなおしていて気づいたこと

数日前から、高校数学を本格的に学びなおしている。進路指導をしていて、数学についても解像度の高いアドバイスができるようになればいいなと思ったことと、もともと数学は好きだったので趣味も兼ねて、ということになる。物理の勉強も中途半端に終わっているのに新しく手をつけるだなんて、、、

 

しかしながら、センター試験は全科目ここ数年解いてきたし、共通テストも第一日程は解いたので、学生時代に家庭教師をやって以来は教えた経験がないといっても、数学III以外は今も定石は頭に入っている。数学IIIについても青チャートを中古で買って、定石を確認しているものの、基本的なところは割と覚えているようだ(例題を見て、何をしたらいいかの方針は割とすぐ立てられる)。

 

しかし、例えばもうちょっと応用問題、入試レベルの問題になってくると途端に手が止まってしまう。なぜだろうと考えているうちに、しばらくご無沙汰で問題を解くときの感覚を忘れてしまっていたものを少しずつ思い出しつつある。

 

どうも物理や化学に比べると、定石や典型問題と入試問題を解くときのギャップが大きい気がするのだ。すなわち、同値関係などといった、定石を覚えている/使いこなすから先のステップというのが、割と標準的なレベルの入試問題でもほぼ必須となる気がするのだ。化学であれば少なくとも難関大レベルでようやく必要になるような頭の使い方が。

 

数学を教えることって、自分の想像以上に難しいことではないかとふと思った。定石を教えるだけでなく、こういったことも教えていかなければならないからだ。ある程度論理的思考力が身についているのであればともかく、まだ十分に論理関係を意識できていなければ、これはかなりハードルが高いのではないかと思う。逆を言えば、ここをしっかり学べばいろんなところに応用が利く気がする。

 

そしてそれは教える側にとっても同じような気がする。例えば理科であれば、問題文の読解力がかなりものを言うところがあるのだが、それを鍛えるのはなかなか大変なのである。こういうモヤっとしたギャップを教えるためのヒントは、まさに数学でこういうことを教えるところに潜んでいるのかもしれない。

 

そのへんももう少し掘り下げつつ、入試の典型問題というのも忘れている(というより、数学の場合定石と典型問題の間にもギャップがありそうな気がする)。さすがにトレンドも自分が受験生だった頃とは大きく変わっているだろうし、何かしら問題集からインプットしたいところである。そこまで時間が取れるかわからないが、せめて大学入試の標準レベルくらいは質問を受けられる程度にはしておきたいなと思う。

 

映像授業における「間」

このご時世で、映像授業もいくつか担当させていただいた。編集はセルフとなるのだが、昔は授業における「間」を映像授業にも反映させていた。つまり無音で数秒というところがいくつかあるのだ。

 

これは昨今の映像授業というか、映像全体において、視聴の効率化を目的にとことんこの「間」を削る傾向にあり、それに反抗する姿勢をとっていたのかもしれない。根が天邪鬼なものだから(笑)しかし、授業をやっている人間であれば誰しも考えるところだが、「間」は授業の展開においてすごく大事である。音楽において休符や歌メロのない部分が大事な役割を果たすのと同様にだ。だから映像授業においても、そのような「間」は取り入れよう、とは思っていたのだ。

 

ところが、最近収録した動画に関しては、この「間」を徹底的にカットしている。きっかけはそれとは全く関係なく、動画の時間が長すぎたので指示された時間内に収めるために色々とカットせざるを得なかったためであるが、実際チェックも兼ねて聴いていると、こっちの方がいいな、前のものは冗長だったな、と思うようになった。長々とした式を書いているのをじっと見ているよりは、パッと出された方がいい。特に家で勉強しているときは一時停止など自由にできるわけだし、なおさらだ。

 

改めて考えてみると、受験生(だけでなく学生一般)は我々が想定している以上に負担が大きく、忙しい生活を送っている。部活もあるし、学校の課題もあるし、だ。もちろんそれをうまくやりくりして時間を管理していくことは入試を見据えるとできなければならないことだし、我々の側が至れり尽くせりすることは彼らを甘やかすことにもなりかねない。

 

それでも、そういう配慮をせずに冗長な映像授業を見せられたらたまったもんじゃないだろう。効率的に内容を吸収できるからこそ、巷の映像授業が支持されているといってもいいと思う。場の授業の論理をそのまま映像授業の論理に持ち込むことはできないし、その逆もまたできないのだ。そんなことを今更ながら理解するのである。

 

ただそうすると、今度は聴き流して内容が頭に残らない、といったデメリットが浮上してくる。これをどうしていくのかは少し考えなければなと思う。

ライブにおける準備の有無

さて、今日は音楽の話である。音楽活動をしていると、お披露目の機会、いわゆるライブをする機会が大抵の場合やってくる。

 

けっこう前に、そのライブについて準備をやるかどうかという話が界隈で持ち上がった。経緯はこうだ。ある人がとあるライブに出演したとき、ソロでやっている人がステージに立ったのはいいが、今日はやる曲決まってないんですよねー何聴きたいです?という感じのMCをやって、それはアマチュアとはいえどもお金を取るんだからいかんだろ、聴衆を楽しませるためにはどうしたらいいか入念に考えるべきだろ、という話の流れからだ。

 

D・カーネギーも「話し方入門」の中で入念な準備の必要性を強く主張していたし、私自身も準備は大事だと思っている。というより、準備の要らないようなライブをしたことがないので、即興のライブというのが想像できない。当然ながら、そのときの話でも圧倒的に準備が必要だという意見が大勢を占めたのだが、私はそこでモヤっとしてしまったのだ。

 

少なくとも私は準備をしないと落ち着かないので準備をするのだが、準備が必要でないのであれば、それでいいんじゃないか、結果的に聴衆を音楽で魅了させて満足感を与えられればいいのではないか、と思う。私は準備が必要だと思いますよ、だけど準備をしない方がより高品質なパフォーマンスを発揮できる人もいると思うし、それを否定する権利は私にはありません、ということだ。

 

で、私がモヤッとしたのは、自分がどうする、で留めておくのならともかく、その槍玉に上がったアーティストに対して、私ならキレますよみたいな、強く否定するような意見が少なからず上がったことだ。いや、でもそれってあなたの感想ですよね?しかもそのアーティストのライブ、あなたは直に見たことないんでしょ?歌詞が響くとか歌声に震えるとか、そういうライブだったかもしれないじゃない?伝聞だけでそこまで否定することができるの?と思う。

 

自分の価値観に合わないものを見ると、それを否定する人はどんなコミュニティでもいる気がする。諍いどころか分断が生じているような事象を近いところでも遠いところでも見聞きしている。職人気質というか、こだわりが強くストイックだからというのもあるかもしれない。それでも、私が優しすぎるのかもしれないが、相手をサゲて排除するということはどれだけ嫌でもあってはならないと思うのだ。

エッセンシャル生物学

私が大学に入って初めての講義で、この教科書の存在を知った。しれっと教授が「8000円するんですよね、、」と言って、しかもその分厚さに大変驚いたのは今でも記憶に残っている。と同時に、これくらい高価で、かつ分厚いもので勉強を進めることが、これまでとは違うんだ、大学生になったんだという実感を与えてもくれた。

 

もちろんレジュメ自体はそれを買わなくても支障ないものだったので、実際にこれを買ったのはもっと先だった。たしか別の専門講義がチンプンカンプンで、これはまずいと思って基本から勉強し直そうと思って買ったのだと思う。当時は実家から大学に通っていたし、バイトをしていてお金もそれなりにあったので、そのときは買うことに対するハードルはそこまで高くなかった(あれ?逆に今の方がハードルが高い、、、?)

 

実際に読み進めていって、なんで早く買わなかったんだろうとすごく後悔した。理由はこういう書物を買ったことのある人なら誰でも分かることだが、最初はあれだけ分厚いものだから、ものすごく細かい、難しいことまで書いているんだろうなと思っていたら、その対極だったのだ。とにかく懇切丁寧。ひょっとすると高校生に読ませても理解してくれるんじゃないかというレベルだ。そうして丁寧に基礎を積み上げて、より専門的な深い内容に突っ込んでいき、いつの間にか全体を体系的に理解できているのだ。いわゆる大学の専門書に対するイメージが大きく覆ったときだった。まあ大学教養レベルの本で随分と大層だなとは今になって思うのだけど、当時はすごく新鮮な感覚だった。

 

大学の授業って教科書の購入は必須でなく、参考図書としての扱いであることが多いのだけど、それは教科書はなくてもいい、ではなく、教科書を使って各自勉強して深めろ、ということなんだよなあと、大学を出た今となってはわかるのだけど、当時は何もわからなかったなあと。

 

今は情報が溢れているので、流石に私みたいになることはないと思うのだけど、こういう本はお金があれば(お年玉でもいけるだろう)さっさと買って、大学生になった証を得た気分に興じつつ読み進めていくのが良いと思う。

そろそろ繁忙期

この投稿がブログを開設してから57本目の投稿となる。58日間、予約投稿をミスしてうっかり1日抜けた以外は毎日投稿してきた。ずっとこのペースでやっていきたいのだが、ここでいよいよ夏期講習が本格化する。しかも今年度は例年になくバタバタしそうなのである。自分で自分の首を締めるがごとく中長期的な仕事を増やしてしまったのもあるけれど。精神と時の部屋が欲しい(笑)

 

Twitterの投稿に毛が生えた程度の、超適当な駄文であればいくらでも書けるのだが、さすがにブログでそれはちょっと、、という思いもある。甘えになるかもしれないのが情けないとは思えども、毎日何かを書き綴るのが厳しくなる可能性は否定できないから、投稿の頻度を少し下げるかもしれない。それでもブログを運営(というほど大げさなものでもないけれども)しているのだから、例えば週3とか、その程度の頻度はキープしておきたいところだ。

 

とはいえ、普段の分量であればそれほどペースを落とさずに書けるのかなとも思う。私のブログは1つの記事の文字がほぼほぼ1000文字以内と世間のブログに比べると非常に短いからだ。理由は単に長すぎたら自分が読むのが嫌だからだ(笑)自分がやられて嫌なことはしない主義なので。たまにいるのだが、ウン千字の超長文を、あれだけ飽きのこない展開で書ける才能は本当に尊敬する。また、ペースを落としたい理由は自分の多忙さだけではなく、内容のクオリティを上げた方がいいのかなという思いもありつつ、、ミニ講義的なものもここで展開したいのだが、さすがにその時間を工面するのはそこそこ大変なのである(この間物理のミニ講義をやってみて実感した、何せ著作権的なことを考えると原則問題は自作しないといけないから)。

 

伝家の宝刀「今日の一曲」を使うと、案外ペースは維持できるかもしれない、けれど、まあやってみないとわからん。でもせっかくキリがいいので60投稿までは絶対にやるぞ。

 

これだけワーッと書いてもう普段の1つの記事分になってしまうという(笑)