ツキアカリテラス

tsuki-akr terrace

入試問題における改題や自作問題の是非について

最近、物理の学び直しで「名問の森」の電磁気分野をやっている。実はやるのは2度めで、最初は解説が自分にはフィットしておらず、うーん、、、といった感想だったのだが、改めてやってみるとやはり名問というのは言い過ぎではなく、良い問題である。改題はされているが、それはそれで頭を使わせるような仕掛けが随所にあり、教育的効果は大きいと思う。模試についても当てはまることだろう。

 

これについては化学についても同じで、多くの難関大受験生がやる「化学の新演習」。これも改題が随所になされており、頭を使うような仕掛けが組み込まれている。

 

ただ、個人的には改題された問題を、とりわけ直前期にやることに関しては少々否定的なのである。改題や模試は確かに思考力を問う要素をドーピングしたものが多く、それ自体が良問であることも少なくない。しかし、それが実際に出題される大学入試の問題の対策に直結するかというと、そうとも限らない気がするのだ。実際の入試問題と、その改題や模試の問題はどこかが違う。まだうまく言語化できていないのだが、今のところは「アカデミックの香りがするか」というのが一番フィットする表現だと思っている。一番典型的なのが、化学で言えば東大だと思う。特に今年の東大の問題はここ数年でも傑作と思われるクオリティだと思う。自分では一生かかってもあんな知的興奮を促し、それでいて基本知識と思考力をバランスよく問う問題は作れない。

 

しかし、入試問題を解くだけ、であればそのような要素は特に必要がない。むしろその目的であれば、思考の枠組みをマスターするための訓練が重視されるので、多くの改題や自作問題はそちらに偏ったものになりがちである。特に夏など、ガリガリ入試問題の得点力を向上する時期であればそれをこなすのも良いだろう。

 

ところが、このような問題はその目的のため、リード文におけるアカデミックの香りは随分と消えてしまう。それに対して、実際の入試問題はアカデミックの香りがプンプンする問題が多い。難関大になると特にその傾向が強まる。我々も経験があると思うが、テイストの違う文章を読むとなるとどうしても時間と体力を余計に消耗してしまう。そのような問題に触れる機会がなければ、問題を読むことだけで一苦労なのだ。だから私は直前期は特に過去問に触れるように勧めるし、それをやり終えた場合は、直近の他大学の過去問を勧める。

 

問題には思想が宿る。その思想に合わせて、その問題をやるべき時期も決まってくる。適切な時期に適切な問題を提示していきたい。

第一志望の大学に入学してから1年間を棒に振った話

4月、入学シーズンということなので、この話を。

 

私は一年浪人して、何とか第一志望の大学に合格をすることができた。噂にこそ聞いていたものの、部活動やらサークルやらの勧誘が半端ない。こういう、押しの強い勧誘をされるのがもともと嫌な人間なので、なるべく避けようと行動していた気がする。

 

それでも、どこかで自分を変えたいという思いはあった。高校に入ってからその第一段階(?)として、バンドを始めた。もちろん、それまで音楽になんて関心がなかったわけだから周りからは驚かれたのだが、なんだかんだで今も楽器を手にする日はあるのだから、やってよかったと思う。

 

当時はインターネットはそこまでありふれたものではなかったし、私自身も携帯電話をまだ持っていなかった。とはいえ、この時期に道端でたくさん配られる情報誌的なものにはキラキラしたキャンパスライフの事例がたくさんあって、そこで大学生になるとはどういうことか、ということを何となく知ることができた。

 

大学に入ったら、アルバイトをやってみようか、やっぱり家庭教師だろうか。1年余分に受験勉強をしてきたし、色々と強みはあるかもしれない。趣味ではまた違った音楽活動をしたいな、そうだ、アカペラサークルなんてどうだろう、みたいなことを考えていた。またずっと高校の軽音で歌うことを拒んできた人間が何を言うか、という話だが、おそらく自分の声がコンプレックスだったので、それを打破したいという思いがあったのだろう。こういうことがきっかけで新しい行動を起こすのは昔も今も変わらない気がする。

 

ところが、物心ついたときから、ずっと共にしてきた内気な性格。これはなかなか打破できなかった。結局、サークルは部活動はあれこれ見学に行ったものの、なかなか入ります、と踏み切れなかった。そして、それ関連で実はちょっとしたいざこざがあって(今思えばいざこざと言えないくらい些細なレベルのものだ笑)、それが引き金になって心が折れたのだと思う。過去から今まで引きずってきた、本当のコンプレックス=内向的な性格、と戦い続けているうちに、無意識に疲弊してしまっていたのかもしれない。それ以来、もう部活動やサークルはいいかな、と思うようになったし、アルバイトも結局何もしないまま、ただ漫然と授業を受けて帰るだけの日々。予備校時代と大して変わりばえのしない日々だった。もちろん時間的余裕は十分にあったから、散歩がてらチャリで遠出は時々したのだけど。

 

結局、部活動もアルバイトも2回生になったタイミングで始めた。あのときは本当に空白の一年だった。今思えば非常に勿体無いことをしたと思う。多くの見知らぬ世界とつながれるまたとないチャンスだったのに。

 

それからも、チャンスを逃して勿体無いなあと後悔したことは何度もあったけれど、だんだんとチャンスを手繰り寄せられるようになってきた。人生経験がある程度豊富になった今、なぜそうなったのかと問われたら、答えはやっぱり踏み込む勇気だと思う。何も反社会的活動みたいな危険なところに足を踏み入れるわけではないのだ。後のことは後で考える、これくらいのスタンスで良いのではないか。

 

春から大学生の人も多いと思う。公序良俗に反しない範囲で、面白そうだなと思ったことは片っ端からやっていただきたいと思う。

Notionのおかげで漸くアナログからデジタルに時間管理の主軸を移せるかもしれない

どうやら「週刊はてなブログ」で私の記事が取り挙げられたらしい。

 

blog.hatenablog.com

 

この記事に関しては上からも飛べるが、以下にも貼っておく。こんな拙い文章を取り挙げてくださるなんて光栄である。

tsuki-akr.hatenablog.jp

 

それで、ちゃぶ台をひっくり返すようで申し訳ないのだがタイトルの件である(笑)実はこの記事でも書いたように、数年前からずっとデジタル化への移行は狙っていた。そしてここ最近運営してきたバレットジャーナル方式。間違いなく、アナログ的な時間管理としてはベストな手法なのだが、これも若干の限界が見えてきたのだ。

 

主な理由としては2つあって、1つは俯瞰的な予定管理を行う場合にバレットジャーナルでは限界があるということ。自分は1週間を1つの区切りとして生きている人種らしく、向こう1週間でざっくりこれだけをこなす、というのが明確でなければウズウズしてしまうのだ。これはマンスリーページを作ったりウィークリーページを作ったりすることで解決できる話なのだが、極度の面倒くさがりである私は、わざわざセットアップするのが億劫で後回しにしてしまう。そしてその結果、多忙さに追い立てられて仕事に振り回されるというオチを何度か経験してきた(苦笑)

もう1つは、そんな忙しいときにはいちいちログを書きつける暇もないし、じゃあ終業時に、となったときに「あのとき何考えていたんだっけ?」ということが、忙しさに押し流されてしまってなかなか思い出せなかったことだ。これも手帳を開く習慣をつければ済む話だが、特に繁忙期は終業後にもうHPが1ケタということも少なくなく、手帳を開くまでの気力がないことも少なくなかった。結局、そこそこ余裕があるときには回せるのだが、一旦忙しくなってしまうとそこで途切れてしまうのだ。

 

バレットジャーナルは楽しい。しかしそれは自分の意思通りに書けることが前提だ。忙しくても回るシステムを何とかして作りたい。

 

それが漸くできるかもしれないと最近感じている。少しずつ遊び感覚で使っていたNotionのおかげで。

実は、バレットジャーナルを使うのと同時並行でNotionによるタスク管理もお試しでややっていた。それは以下のスワンさんの記事を読んだのがきっかけである。Notion界隈では相当有名な記事(お方)なのでご存知の方も多いかもしれない。

note.com

これを読んだとき、やはり面倒くさがりな私は、そこまでNotionを使おうという気にはなれなかったものの、スワンさんの時間管理に対する考え方があまりにも自分と似通っていて、これはひょっとしたらひょっとするんじゃないか(何がだ)と思って、また、これだけNotionが絶賛されているツールだから何かのために操作を知っておくのは良いと思って、練習がてら、スワンさんのテンプレートをもとにタスク管理を行ってみた。若干アレンジはしているけれども。

で、このテンプレート、見事に作り込まれててすごく使いやすいし、たしかに仕事はすごく回りやすい。スワンさん曰く

この全部埋めた時の気持ちよさといったら、うっかりよだれが出そうなぐらい。

という感覚は大げさではないのも分かった。でも所有欲は結局バレットジャーナルの方が満たされることもあり、アナログ的な管理がメインであることには変わらず、しばらくNotionから離れることとなった。

 

ところが、先述の通り、忙しいとどうも回らないことに気づく。おまけに、ここ最近マルチタスク的な仕事の回し方をせざるを得ないことが多くなり、現状ではこの多忙さを回避することは非常に困難な状況だった。このままではヤバイなと思い、この記事を思い出して、再びNotionでの管理を再開してみた。その時に思った「これだ、やっぱりこれなんだよ!」という感覚。ガシガシとチェックボックスにチェックを入れるあの快感。1週間先、何ならもっと先のやることも手に取るようにわかるこの安心感。余裕のあるときは感じられなかったものが感じられた。もしかしたらこの勢いでデジタル化に移行できるんじゃね?と思ったのがつい先週のことである。

 

たしかに、ここ数日は紙に物を書く機会が減少した。これが寂しくないといえば嘘になるのだけれども、それを差し引いても仕事が回る快感は素晴らしい。効率化を追い求めても、その真逆に振り切ってもダメだ。うまいことバランスをとってやっていかないといけない(なんて当たり前すぎることを書いているんだろう、そしてなぜそのことに気づかなかったんだろう・・・)

 

現状の課題はカレンダーとの紐付けをどのようにするかだ。今はタスク管理はほぼスワンさんのやり方を踏襲しているが、カレンダーと掛け合わせた運用はしておらず、カレンダーについては単にアポやら締め切りやらだけをメモしている状況だ(ここも面倒くさがりの性格が際立つ)。どうしてもツールが分断されている感覚があるので、それをもう少しシームレスにしたいところ。これについては、現状不自由なく回っているために全く調べようともしていないので、ぼちぼちやっていければと思う。結局面倒臭がって現状維持かもしれないが(笑)

2022年度東京大学入試(化学)を解いてみた

ここ数年、すごく洗練された印象を受けていた東大の化学ですが、今年はその完成形を見せられた気がします。テーマも出題意図もよく練られた良問揃いです。これを易しめにしたのが共通テスト化学の目指すものなのかなとも感じました。純粋な難度は昨年よりやや易しめとは言え、記述量も計算の煩雑さも昨年を上回るもので、さらに読解も時間をとられるので、全体的には昨年並みかやや難といったところかと思います。

 

第1問

Ⅰ 油脂の構造決定。分子量の決定が目新しくて面白い。テーマとしては典型的だが、二重結合の位置や炭素数がずれやすく、ミスを犯しやすい。時間がないとは言え、落ち着いて解いていくことが大切。

Ⅱ 模試でありそうな問題。マルコフニコフとザイツェフは東大志望なら知っている人も多いのでさっと読んで解いた受験生も多いのでは。しかし問題文が秀逸。テーマとしてはよくあるものの、丁寧かつ洗練された問題文だと感じた。

 

第2問

二酸化炭素削減に関する問題。東大は環境問題をテーマにしたものが多い。熱化学の問題だが、ゼロベースで進めていっても難なく正解を導ける。というより、そのスタンスの方がやりやすいのかもしれない。計算が煩雑で、情報も込み入っている。おまけに計算過程が求められるので相当に時間を取られる。見た目以上に難しい問題。

Ⅱ プルシアンブルー。たしか東大が放射性物質の除染のためにこの研究をしていた気がする。これも処理能力が求められる。カはイオンの価数を見れば配位数が推察できる、美しい問題だと思った。

 

第3問

Ⅰ 再び二酸化炭素の排出に関する問題だが、問われる能力は全く違う。状態図も東大では頻出。カは定性的に解けたはずなのにゴリゴリ計算してしまった、悔しい。

Ⅱ このご時世なのか、サイトカインと抗体の結合に関する問題。グラフの読み取りが多く必要となるので、苦手な受験生は大変だったと思う。だが、巷で言われているほど難しくは感じなかった。第2問Ⅰのほうがよっぽど厄介。シはよくできた問題。

2022年度大阪大学入試(化学)を解いてみた

ここ数年ずっと難度は高止まりでしたが、今年は少し易しめだった気がします。ただし、一部で問題文の意図がとりづらく(たまに阪大ではあるのですが)、解きづらい問題があったほか、複数解答が考えられる問題があったので、パニックを誘いやすい問題だったのではと思います。

 

第1問

地殻中に主に存在する元素に関する総合問題。問2はなかなか考えさせられる問題。問4(1)は鉄の状態をどう表記するか迷う。原則として常温・常圧での状態なので固体で良いのだが、、、

 

第2問

モルヒネに関する問題。問1はどこまで理由を書けばいいのか悩ましい。本当はカルボニル基の存在まで言及しないといけない気がする。後半の平衡の問題はそこまで難しくないが、いずれも計算過程が求められるので時間がかかる。

 

第3問

問2の計算がやや煩雑だが、NもしくはOをとりあえず1として他がどれくらいなのかで見極めたい。Aの分子式は複数考えられるが、C12化合物の想定だろう。ナトリウムと反応したからといってヒドロキシ基と決めつけるとハマってしまうという意味では(構造決定で思い込みは禁物!)良い問題なのだが、、、

 

第4問

イオン交換樹脂に関する問題。全体的に難しくはないが、問6は難しい。もっとも、選択肢をみて、文章としておかしくないものを選べばほぼ解答は出せるのだが、、、

2022年度京都大学入試(化学)を解いてみた

数年ぶりの実質8問構成でした。

ただ、有機・高分子は割と解きやすかったことと、昨年度の第2問のような極めて難しい問題がなかったので、全体的な難度は昨年と変わらないか、やや易しくなったと思います。今回の第1問・第2問で顕著ですが、相変わらず京大は定量的考察を強く要求されます。このセットなら結晶の問題があってもいいのですが、今回は出題されませんでした。

 

第1問

(a) アルカリ土類金属に関する問題。後半の同定は計算が煩雑。うまく問題文が作られているので、必要な情報をちゃんと拾い上げられたかどうか。

 

(b) クロムに関する問題。反応式は十分な酸素があることから二酸化炭素が生じると推測することが可能。後半の平衡は成立する条件をもとに考えれば難しくはない。物質収支では二クロム酸イオンの扱いに注意。最後は式(6)は使わない方が無難。

 

第2問

(a) 分配平衡に関する問題。第1問(b)とアプローチは似ている。物質収支の関係を、二量体に注意して考えていく。ウができたかどうかがカギ。ここを間違えると後も雪崩式に間違えるので注意。問3は(5)式のカが分からなくても解答可能。

 

(b) U字管を用いた浸透圧の実験に関する問題。難問では典型的なものであるが、問7は差がつくかも。

 

第3問

見慣れない酸クロリドが扱われているが、結局COOHのOHをClに変えたものにすぎない。構造決定自体も大したことがないのでここはサクッと正解したい。

 

第4問

糖類に関する問題。

(a) Fisher投影式はここ数年ずっと出題が続いている。問2は立体配置に注意だが、2020年度に比べるとずっと楽。

(b) 結局は結合の切断と酸化が同時に起こるのだと分かればそこまで難しくはない。例えば、図5でC4-C5はC5に直接OHが結合していないので切断されないことなどに注意しなければならない。反応の示し方はもっとシンプルに表されることが多いので、想定以上に難しく感じられたかもしれない。ところで、なぜ過ヨウ素酸という名前を伏せたのが謎。

最後もいつも通りに、そして最後くらいは突き放したい

もうすぐ国公立大学の前期試験が始まる。この時期になると、あちらこちらで激励のメッセージが発せられる。趣向を凝らしたものもあって見ていて面白い。あんなに厳しい先生が、実はこんなお茶目な一面を見せた、というのには、緊張しすぎる受験生の顔をほころばせてくれるかもしれない。

 

しかし、こういう時期だからこそ、私はあえて何も特別なことはしない。そりゃあもちろん無愛想に振る舞うわけにもいかないので、生徒と対話する機会があれば「じゃ頑張って」くらいは声を掛ける(昨日もそうした)。ただ、それ以上のことは言わないようにしている。それも、意識的にだ。

 

一番大きな理由は「自分がされると嫌だから」だ。随分とワガママな理由ではあるが、自分がされて嫌なことは他人にしたくないので。

 

まあそれは4分の1くらいは冗談で、もっともらしい理由を挙げるならば、前にも書いたような気がするが、受験を特別なイベントにしたくない、というのがある。あちらこちらで激励されたらかえって萎縮しちゃうんじゃないか、という危惧を持たずにはいられないのだ。少なくとも自分はそうなると思う。

 

受験ではいつも通りの力を出すこと、そしてそのために平常心が一番大事だと思っている。だからこそ、いつも通りの声かけをしてあげたいのだ。

 

そしてもう一つ。受験は自分をいかに信じるかが大切であると思っている。これまで机間指導で間違いを指摘してくれた、あの先生がいない。これまで問題を解く前に重要項目のまとめをしてくれた、あの先生がいない。頼れるのはここまで勉強してきた自分しかいないのだ。途中でミスをしているかどうかも自分自身で気づかなければならない。受験というのは孤独な営みなのである。

 

だからこそ、最後くらいは、一人で行ってこい、自分しか信じられないんだから、というスタンスで見送ってあげたいのだ。そういう意味で、あまり先生の姿をチラつかせたくない、というのも、特別な激励はあまり意図的にしない理由である。

 

陰ながら見守る、それだけでいいと思っている。どれだけ頑張ってきたか、どれだけ大事な舞台なのかは本人が一番知っているのだから、わざわざ言うことではないだろうと思う。