ツキアカリテラス

tsuki-akr terrace

またロルバーンに戻る

今週のお題はてな手帳出し

 

いつか書こうと思っていたが、ちょうどお題でピッタリのものがまわってきたので。

 

私の手帳遍歴は以前書いているので、そこからどう変わったかを主にお話ししたい。

tsuki-akr.hatenablog.jp

 

しかし、ようやくNotionというアプリの面白さに惹かれ、そちらに時間管理を移行「していた」。

tsuki-akr.hatenablog.jp

 

「していた」というのは、もちろん今はしていないということだ。たしかにこのシステムは非常にうまく回っていたし、インターフェースの美しさは素晴らしいものである。しかしながら職場でのネットセキュリティの変更に伴い、これを職場で用いることが難しくなったのである。タブレットテザリングをすればいけなくはないが、やはり面倒である。

 

あとはやはり手書きが良いなと再認識をする機会があって、今は時間管理・タスク管理はほぼすべて手書きで運用している。時間管理は、倉庫番のごとくタスクを移動させるなど、ある程度頭を使う作業を伴う。だから手書きの方が私にとっては効率的なのである。ものすごくどうでもいいけどやらねばならない用事とか買い物メモだけ、スマホのリマインダーで管理している。

 

手帳に関しては、前述の記事でも記した通り「所有欲」をどれだけ満たすかが大切になってくる。他のノートも魅力的ではあるが、やはりロルバーンが私の中では今のところベストである。見た目がどうこうは以前に書いた通りだが、それに加えてリング式であるということも使いやすさの点では良いと思う。リング式だと安いものだとすぐにノートから外れて大変なことになるのだが、ロルバーンはその心配が全くないほど丈夫であるし、ダイヤリーであればリングの径が大きいのでそこにペンを挿すこともできる。マンスリーは無印良品のフリースケジュール付箋紙を使っている。付箋タイプになっているので、繰り返し貼ったり外したりできるのが大変使いやすい。

www.muji.com

ウィークリーは手書きしている。以前は面倒だと思っていたが、今のところ珍しく(笑)続けられている。

 

一方で、日記やら何をしたかのログは全てデジタルで運用している。普通は手書きの方が気持ちを吐き出すという点からも推奨されているが、私はそれ以上に検索できるかどうかを重視した結果、この形に行き着いている。もしログを手書きですることになったとしても、最終的にはデジタル化するだろうと思う。私が用いているのはScrapboxである。これはデジタル版情報カードみたいなアプリで、記法で簡単にタグ化できるので、より検索性が高まる。CSSで色々とカスタマイズできるらしいが、私はあまりしていない。

scrapbox.io

 

とりあえず現状はこんな感じである。もっとログとかマメにつけた方がいいのかなと思うなど、ロルバーンでの運用はまだ改善の余地がある。また、Notionもデータベースとしては使える余地がありそうなのでそれも今後検討していきたい。