ツキアカリテラス

tsuki-akr terrace

Notionのおかげで漸くアナログからデジタルに時間管理の主軸を移せるかもしれない

どうやら「週刊はてなブログ」で私の記事が取り挙げられたらしい。

 

blog.hatenablog.com

 

この記事に関しては上からも飛べるが、以下にも貼っておく。こんな拙い文章を取り挙げてくださるなんて光栄である。

tsuki-akr.hatenablog.jp

 

それで、ちゃぶ台をひっくり返すようで申し訳ないのだがタイトルの件である(笑)実はこの記事でも書いたように、数年前からずっとデジタル化への移行は狙っていた。そしてここ最近運営してきたバレットジャーナル方式。間違いなく、アナログ的な時間管理としてはベストな手法なのだが、これも若干の限界が見えてきたのだ。

 

主な理由としては2つあって、1つは俯瞰的な予定管理を行う場合にバレットジャーナルでは限界があるということ。自分は1週間を1つの区切りとして生きている人種らしく、向こう1週間でざっくりこれだけをこなす、というのが明確でなければウズウズしてしまうのだ。これはマンスリーページを作ったりウィークリーページを作ったりすることで解決できる話なのだが、極度の面倒くさがりである私は、わざわざセットアップするのが億劫で後回しにしてしまう。そしてその結果、多忙さに追い立てられて仕事に振り回されるというオチを何度か経験してきた(苦笑)

もう1つは、そんな忙しいときにはいちいちログを書きつける暇もないし、じゃあ終業時に、となったときに「あのとき何考えていたんだっけ?」ということが、忙しさに押し流されてしまってなかなか思い出せなかったことだ。これも手帳を開く習慣をつければ済む話だが、特に繁忙期は終業後にもうHPが1ケタということも少なくなく、手帳を開くまでの気力がないことも少なくなかった。結局、そこそこ余裕があるときには回せるのだが、一旦忙しくなってしまうとそこで途切れてしまうのだ。

 

バレットジャーナルは楽しい。しかしそれは自分の意思通りに書けることが前提だ。忙しくても回るシステムを何とかして作りたい。

 

それが漸くできるかもしれないと最近感じている。少しずつ遊び感覚で使っていたNotionのおかげで。

実は、バレットジャーナルを使うのと同時並行でNotionによるタスク管理もお試しでややっていた。それは以下のスワンさんの記事を読んだのがきっかけである。Notion界隈では相当有名な記事(お方)なのでご存知の方も多いかもしれない。

note.com

これを読んだとき、やはり面倒くさがりな私は、そこまでNotionを使おうという気にはなれなかったものの、スワンさんの時間管理に対する考え方があまりにも自分と似通っていて、これはひょっとしたらひょっとするんじゃないか(何がだ)と思って、また、これだけNotionが絶賛されているツールだから何かのために操作を知っておくのは良いと思って、練習がてら、スワンさんのテンプレートをもとにタスク管理を行ってみた。若干アレンジはしているけれども。

で、このテンプレート、見事に作り込まれててすごく使いやすいし、たしかに仕事はすごく回りやすい。スワンさん曰く

この全部埋めた時の気持ちよさといったら、うっかりよだれが出そうなぐらい。

という感覚は大げさではないのも分かった。でも所有欲は結局バレットジャーナルの方が満たされることもあり、アナログ的な管理がメインであることには変わらず、しばらくNotionから離れることとなった。

 

ところが、先述の通り、忙しいとどうも回らないことに気づく。おまけに、ここ最近マルチタスク的な仕事の回し方をせざるを得ないことが多くなり、現状ではこの多忙さを回避することは非常に困難な状況だった。このままではヤバイなと思い、この記事を思い出して、再びNotionでの管理を再開してみた。その時に思った「これだ、やっぱりこれなんだよ!」という感覚。ガシガシとチェックボックスにチェックを入れるあの快感。1週間先、何ならもっと先のやることも手に取るようにわかるこの安心感。余裕のあるときは感じられなかったものが感じられた。もしかしたらこの勢いでデジタル化に移行できるんじゃね?と思ったのがつい先週のことである。

 

たしかに、ここ数日は紙に物を書く機会が減少した。これが寂しくないといえば嘘になるのだけれども、それを差し引いても仕事が回る快感は素晴らしい。効率化を追い求めても、その真逆に振り切ってもダメだ。うまいことバランスをとってやっていかないといけない(なんて当たり前すぎることを書いているんだろう、そしてなぜそのことに気づかなかったんだろう・・・)

 

現状の課題はカレンダーとの紐付けをどのようにするかだ。今はタスク管理はほぼスワンさんのやり方を踏襲しているが、カレンダーと掛け合わせた運用はしておらず、カレンダーについては単にアポやら締め切りやらだけをメモしている状況だ(ここも面倒くさがりの性格が際立つ)。どうしてもツールが分断されている感覚があるので、それをもう少しシームレスにしたいところ。これについては、現状不自由なく回っているために全く調べようともしていないので、ぼちぼちやっていければと思う。結局面倒臭がって現状維持かもしれないが(笑)